「真珠の品質を決める6大要素」と「真珠のパワー」

「真珠の品質を決める6大要素」

自然の産物である真珠は一粒一粒が個性的であり、
その全てが一点もの。たくさんの真珠の中から、
私らしい一点を見つけるためのヒントをご紹介します。

1.巻き厚

 真珠は核という球体の表面に真珠層が幾十にも
 積み重なり生まれるのですが、その真珠層が
 どれだけ積み重なっているのかを「巻き厚」と
 表します。巻き厚が一定以上の厚さでないと、
 美しい輝きや光沢は生まれないため、真珠層の
 巻きが厚く、均等であるものほど品質が高いと
 言われています。
 

2.テリ

 真珠が放つ光沢感や輝きは「テリ」という言葉で
 表します。テリとは、真珠のなめらかな表面に
 光が当たって反射する表面光沢、真珠層に入り込んだ
 光が反射して放つ内面光沢のふたつによって
 生まれるもの。ふたつの光沢が合わさり、
 内側から湧き出るような奥深い輝きを放ちます。
 

3.色

 真珠には、干渉色と実体色の2つの色が共存しており、
 「白」「ピンク」など単純には言い表せない複雑で
 美しい色が宿ります。
 ・干渉色:光の反射や屈折によって現れる色
 ・実体色:実際に真珠が持つ色
 

4.形

 丸い珠の印象が強い真珠ですが、その形は実にさまざま。
 一般的には真円に近いものほど品質が高いと
 されていますが、凸凹とした形のバロックパールなども
 ファッショナブルな真珠として親しまれています。
 

5.キズ

 自然の産物である真珠には、少なからずキズがつきもの。
 そのキズが少ないほど品質が高いとされています。
 しかし、人が後からつけてしまったキズとは異なるため、
 育まれていく過程でついたキズは
 「エクボ」という言葉で表します。
 

6.サイズ

 真珠のサイズは直径の大きさで表します。一般的には
 アコヤ貝からとれる真珠では7mm~8mmが普通サイズ、
 8mm以上が大珠といわれており、
 珠が大きいほど価値は高くなります。
 
 

「真珠のパワー」

              【石言葉】   健康・長寿・富・無垢・純潔・円満・完成

              【誕生石】   6月

              【守護石】   双子座・蟹座・山羊座・魚座

              【結婚記念石】 30周年(真珠婚式)