「パールのお手入れ方法」と「年代に合わせて選ぶパールの大きさ」

パールのお手入れポイント

パールは、その繊細さから「お手入れが不可欠の唯一の宝石」と
いわれています。美しさを守り続けるために、
4つのポイントを心がけましょう。 
 

真珠の特性

炭酸カルシウムやタンパク質からなる真珠は、
汗・化粧品・紫外線などによって
テリを損なったり変色したりすることがあります。
また、摩擦に弱く表面に傷がつきやすい繊細な宝石です。
 

POINT 1: 身支度の最後に身につける

メイクやスタイリング剤がつかないように、
身支度の最後に手を綺麗にして
から真珠を身につけましょう。 
 

POINT 2: 身につけた後は優しく拭く

身につけた後は、柔らかく乾いた布などで
真珠一粒一粒を優しく拭きます。特に連相ネックレスは
糸に負担がかからないように気をつけましょう。
 

POINT 3: 他の宝石や時計と一緒にしまわない

他の宝石や時計とふれあって傷がつかないように注意し、
直射日光の当たらない、風通しがよく涼しい場所に
保管しましょう。湿度や紫外線から守ってくれる
パールキーパーに保管するのがおすすめです。
 

POINT 4: 2~3年に一度の糸交換やワイヤー交換

連相ネックレスは使っているうちに糸が緩んだり、
擦れて弱くなったりするため、使用頻度にもよりますが
2~3年に一度、糸の交換または強度のある
ワイヤーへ交換をおすすめします。
糸交換やワイヤー交換は As-me ESTELLE の店舗にご相談ください。
 
 

年代に合わせて選ぶパールの大きさ

真珠は小さいほどカジュアルに、
大きいほどラグジュアリーな印象になる宝石。
年代やなりたい印象に合わせて大きさを選ぶのがおすすめです。
 

やや控えめな 7 ~ 7.5mm珠

〈 20代におすすめ 〉
20代の方には、やや控えめな 7~7.5mm程度の真珠がおすすめ。
真珠だけが浮いた印象になることもなく、
装いにしっかりと馴染んでくれます。
年齢を重ねてからは、カジュアルな装いに合わせて
楽しめるのも魅力のひとつ。
  

フォーマルな 8mm珠

〈 30代におすすめ 〉
30代の方には、華やかでありつつ派手すぎない
8mm程度の真珠がおすすめ。大人らしいきちんと感があり、
フォーマルな装いに花を添えてくれます。
30代以降も お祝いごとや行事などさまざまな場で
活躍する大きさです。
 

華やかな 8mm以上の珠

〈 40代以上におすすめ 〉
40代以上の方には、お顔まわりがぱっと華やぐ
8mm以上の真珠がおすすめ。
大きなパールでも品良く見せられるのは大人ならでは。
大きくするごとにラグジュアリーな
印象が強まり大人の魅力をひき立てます。