ジュエリーのお手入れ / いつまでも美しくご愛用いただくために


ジュエリーのお手入れ

 

いつまでも美しくご愛用いただくために

 
美しい輝きのまま、長くご愛用いただけますように。
ジュエリーのご使用時の注意ポイントと、
ご家庭でできる簡単なお手入れ方法をご紹介します!

■ご使用時の注意ポイント

最後に着けて最初に外す

化粧品・クリーム・ヘアスプレー・香水などの油分や
アルコールはジュエリーの変色の原因になります。
また、ジュエリーを身に着けたまま衣服を着脱すると、
摩擦や引っ掛かりでジュエリーの破損や紛失の原因になることも。
ジュエリーは繊細なものですので、
取り扱いの際は十分にご注意ください。

外したらすぐに拭く習慣を!

ご使用後のジュエリーは、汗や油などで汚れが
付着しています。そのままにすると、
ジュエリー本来の輝きが損なわれてしまう原因となることも。
外したら、すぐに柔らかい布などで
汚れを拭き取ってから保管するようにしてください。

保管方法も工夫して

宝石の硬度はダイヤモンドのように固い宝石から
パールのように柔らかくキズがつきやすい宝石まで様々です。
硬い宝石と柔らかい宝石を一緒に保管すると、
擦れ合って傷がつく原因となります。
ジュエリーを保管する際は宝石同士がぶつかり合わないように、
小袋や宝石箱の仕切りを使い、一つずつ保管するようにしましょう。

ジュエリーを外した方が良いシーン

水仕事・入浴・シャワー・プール等、
ジュエリーが水に濡れてしまう時は外しましょう。
石鹸や湯垢などが宝石の輝きを曇らせてしまいます。
ジュエリーは塩素や硫黄に弱い為、
宝石や地金が変色してしまうことがあります。
温泉などでは外してください。
就寝時もジュエリーの変形や怪我の原因に
なることがありますので、外してください。
特にネックレスは、寝ている間にこすれて
肌を傷つける可能性もあるのでご注意ください!


■ご家庭で出来る簡単なお手入れ方法

地金(ゴールド・プラチナ)だけのリングや
チェーンネックレス、ブレスレット

専用クリーナーか中性洗剤を入れたぬるま湯につけて、
柔らかいブラシで軽くこすります。
リングの裏側やチェーンの隙間もよく磨いてください。
必ず真水につけてすすいだ後、柔らかい布で水分を
きれいに拭き取ってください。

ダイヤモンド付きジュエリ

専用クリーナーか中性洗剤を入れたぬるま湯につけて、
柔らかいブラシで軽くこすります。
この時、ダイヤモンドの裏側もよく磨いてください。
必ず真水につけてすすいだ後、
柔らかい布で水分をきれいに拭き取ってください。

パール

外したら、その日のうちにパール用クロスなどの
柔らかい布で拭きましょう。保管するときは
他の宝石と重ならないように注意して保管をしてください。
パールネックレスの場合、年一回は糸が
緩んでいないか点検し、早めの糸替えをしましょう。


カラーストーン

硬度が高い宝石
カラーストーンの中でも硬度が高い、サファイアや
ルビーなどは、中性洗剤を使ったお手入れが可能です。
(お手入れ方法はダイヤモンドと同じです)

・ダイヤモンド
・サファイア
・ルビー
・アレキサンドライト

硬度が低い宝石
柔らかい布で拭いてください。特にエメラルドや
パライバトルマリンは、衝撃を与えないよう注意が必要です。
保管するときは他の宝石と重ならないように
注意して保管をしてください。
一つひとつ布にくるむか小袋に入れて、
離して保管するようにしましょう。

・トパーズ
・アクアマリン
・エメラルド
・トルマリン
・ガーネット
・ロードライトガーネット
・アメジスト
・クォーツ
・シトリン
・ペリドット
・タンザナイト
・ムーンストーン
・オパール
・パール(真珠)